強度行動障害支援者養成研修

強度行動障害支援者養成研修とは?

強度行動障害支援者養成研修

強度行動障害とは、ご自身の身体を叩く、食べ物ではない物を口に入れる、危険につながる飛び出しなどの「本人の健康を著しく損ねる行動」と、他人を叩く、物を壊す、長時間奇声をあげるなど「周囲の暮らしに著しい影響を及ぼす行動」が継続的に発生し、特別に配慮された支援が必要な状態のことを言います。

強度行動障害支援者養成研修は、障害者総合支援法における都道府県地域生活支援事業です。平成25年よりスタートした本研修においては、全国の障害福祉施設や事業所等の関係者が、強度行動障害のある人に対して、協力しながら「共通の言語」で支援を行えることを目指しています。

強度行動障害支援者養成研修のメリット

行動援護従業者養成研修

障がいを理解し、個々に対応した支援を行うための研修ですので、障がいのある方に、長い時間関わる環境の方(介護関係者、ご家族など)におすすめの研修です。

また、課程を修了すると、知的障がい者や精神障がい者の行動援護サービスを提供する障がい者支援施設、訪問介護事業所などに従事することができます。また、障がい者支援事業所、放課後等デイサービス等の加算要件の対象となるため就職に有利に働くことが考えられます。(※加算については所在する都道府県のホームページでご確認いただけます)

日常生活で障がい者と関わる環境の方だけではなく、就職などのステップアップとしても大変貴重な研修となっています。

tel:011-707-8835資料請求お申し込みお問い合わせ
https://www.enbito.comページの先頭
株式会社エンビト
Copyright(c) 2019 株式会社エンビト All rights reserved. camomille / camonavi